MakeBDAV        設定の詳細 MakeBDAV の基本操作 FAQ   Ver1.2マニュアル
1.概要
MakeBDAVは各種の動画ファイルからブルーレイディスク用「BDAV」ファイルを作成するフリーソフトです。
MakeBDAV1.40 ダウンロード
*Version1.32→1.40への変更内容(更新日:2016年4月3日)
1.Rplsファイルの読み込みに対応。
2.録画日時をファイル作成日に設定できるよう対応。
*Version1.31→1.32への変更内容(更新日:2015年5月22日)
1.rpls編集でエラー終了するバグを対策。
*Version1.3→1.31への変更内容(更新日:2015年2月27日)
1.全角文字と半角文字を区別するように修正。
2.インストール
  1. JAVA Version8をインストールする。
  2. MakeBDAVをダウンロードし「MakeBDAVXXXX.exe」をダブルクリックしインストールする。
  3. FFmpeg、TsSplitter、TsTimeKeeper、chotBDAVを適当なホルダーに配置する。
    *動作を確認した各ソフトのバージョン。なお各ソフトはバージョンアップされている可能性があります。
3.使用方法
    MakeBDAV起動画面
  1. MakeBDAVの起動
    デスクトップのMakeBDAVアイコンをダブルクリックします。
    デスクトップにアイコンを作成していない場合はインストールホルダーのMakeBDAV.jar
    またはrun.batをダブルクリックします。
    デスクトップのアイコンはMakeBDAV.jarのショートカットです。
    MakeBDAVが起動すると右図の画面が表示されます。
    使用方法はMakeBDAV の基本操作をご覧ください。
  2. 設定
    ・設定ボタンをクリックしファイルの置き場所、オプション等を設定します。
    ・作成したBDAVホルダーを書き込む「出力先ホルダー」を設定します。
    設定方法は設定の詳細をご覧ください。
  3. 動画ファイルの選択
    ディスクに書き込む動画ファイルを追加ボタンをクリックし選択します。
    動画ファイルはエクスプローラーからドラッグしファイルリスト表示領域にドロップ
    することでも選択できます。
    複数のファイルを一度の操作で選択できます。
  4. 作成
    作成ボタンをクリックするとBDAVファイルの作成を開始します。
  5. 各動画ファイルの処理ルール
    動画ファイルの拡張子により使用するソフトを決定し、最終的にはMpeg2の「.m2ts」となります。

    ・使用するソフト
    .ts  TsSplitter TsTimekeeper パケットサイズ変更  chotBDAVrplsファイルの処理
    .m2ts ファイルコピー
    .mpg/.mpeg FFmpeg
    .avi/.mp4/.wmv FFmpeg
    ・パケットサイズ変更、rplsファイルの処理、ファイルコピーは MakeBDAV に内臓。
    ・.ts ファイルでTsSplitterとTsTimeKeeperはスキップすることができる。
    ・.m2tsファイルはファイルをコピーし、無変換で利用。
    ・.mpg/.mpegはVideoとAudio部分をコピーするように設定が可能。
4.その他
*その他の開発ソフト: